Romy's English Cafe

TOEIC対策&英会話勉強法

Method
Home > 学習法 > 発音とリスニングのトレーニング

基礎力養成

* 発音とリスニングのトレーニング

* 2015/2/23更新

INDEX

*

* 音単位での発音&リスニングのコツ

前ページでは、センテンス単位での「発音の重要性」についてお話ししましたが、母音や子音単位での知識もとても大切です。

たとえば数年前、私のメルマガで“Could you fax it to me?(それを私 にFAXしていただけますか?”という例文をご紹介したのですが、 ある読者さんより、

「“FAX”という単語は、日本人が発音すると卑猥な言葉に聞こえてしまうので、使わないほうがいいと聞いたのですが……」

というメールをいただきました。
おそらく日本語的な発音だと、fu*ks に聞こえてしまうのだと思います。
「ふぁっくす」ではなく、「ふぇぁ'ーくす」と伸ばして発音すれば大丈夫ですのでご安心くださいw

日本語だと母音は「ア イ ウ エ オ」の5種類しかありませんが、英語にはもっと細かい区別があり、日本語にはない音があるんですよね。

私も以前は、stuff(もの)と staff(スタッフ、職員)、butter(バタ ー)と batter(バッター)の発音の違いが分からなかったため、正しく 発音することも、聞き分けることもできませんでした。 (前述の fuc*s / fax と同じ母音の問題です)

u は何かに気づいたときの「アッ」というような短い音で、 a は口を大きく開いて「ェアー」という感じなんです。

このコツをちょっと知っただけで、きちんと言い分けることも、聞き分けることもできるようになりました! 要するに、発音もリスニングも、「その音を知っているか知らないか」がすべてなんですよね。

上でご紹介したような、分かりやすい発音のポイント解説付きで、楽しくトレーニングができるのが、下記の書籍です。

フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー) ジュミック今井著

メトロノームの軽快な音に合わせて楽しく口ずさんでいるうちに、英語特有の母音・子音が身に付きます♪

文字による説明だけでなく、動画で口の形や動きなども確認したいという方は、オンラインの発音英語塾がおすすめです。アルファベットの基本(フォニックス)から始まり、フレーズ単位での発音ルールまですべて学べてしまうオトクなセミナーです。

英語発音塾−60日ネイティブ発音習得プログラム
英語発音塾

* 発音のルールをマスターしたら、ぜひ上級編「 洋画・海外ドラマDVD学習法 」にも挑戦してみてくださいね。お金もかからず最強の学習法だと思います。ただし難易度が高いので、まずは基礎固めを!

同僚と差がつく!毎朝10秒のビジネス英語習慣

お名前:

メールアドレス:

*
≫バックナンバー
≫文庫版はこちら!
≫読者さんの声
≫スタッフ紹介
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
著書 掲載メディア
and more>>
無料レポート メールセミナー 姉妹サイト 学習法 学習ソフト